中小企業だからこそ必要?働き方改革とは人手不足解消のための対応策!

働き方改革とは、少子高齢化に伴って起こる働き手不足対策として政府が推進している政策です。2019年4月に『働き方改革関連法』が執行され、様々な影響を及ぼしています。
『働き方改革関連法』については、4月から順次施工される『働き方改革関連法』とは?をご覧ください。

政府は働き手不足を解消するために、3つの対応策を挙げています。

働き手不足対応策

・現在、労働市場に参加していない働き手を増やす
・将来の働き手を増やすために出生率を上げる
・労働生産性を高める

1つずつ詳しく見ていきましょう。
1つ目は多様な働き方を実現し、女性や高齢者などにも働いてもらうことで働き手を増やそうというものです。

2つ目は働く人たちの生活の質を向上し、出生率を上げて将来の働き手を増やそうというものです。

3つ目は働き手が減少しても高い労働生産性※1を上げられるように、仕事を見直そうというものです。

※1
労働生産性は下記の計算式で求められます。

企業が稼いだ粗利益÷従業員数
※粗利益=売上から仕入れを引いたもの

参照:『生産性とは何か?』

労働生産性を高めるためには、少ない人数、少ない時間でより多くの成果を上げることが必要です。

中小企業ほど働き方改革が必要な理由

「働き方改革」「労働力不足」の問題で話題に上がるのは将来の人手不足です。労働力人口は2060年にはピーク時の半分、4418万人にまで減少する見込みと言われていますが、これだけでは随分先の話のことのように聞こえます。

しかし実際には既に多くの業種で人手不足が起こっています。
この数年ほどで求人をかけてもなかなか人が集まらない、採用活動が難しくなったという声をよく聞くようになったのではないでしょうか。

経済産業省の調査によると、2013年以降、全業種において従業員が不足傾向にあり、特に規模が小さいほど欠員率が高くなっています。

業種別従業員数過不足 DI の推移

経営上の問題点

引用:経済産業省『深刻化する人手不足と中小企業の生産性革命』

この人手不足の課題に対応するために、

「多様な働き方に対応して今まで雇用できなかった働き手を採用する」
「効率的に仕事を回して生産性を高める」

といった対策が必要なのです。

働き方改革への取り組み

実際に働き方改革に取り組んでいる事例をご紹介します。

多様な働き方

フレックスタイム制度やテレワーク(リモートワーク)の導入することで、勤務時間や勤務地を理由に今まで労働市場に参加できなかった層を採用することができます。

リモートワークの社内実践事例!メリットと今後の課題まとめ
 弊社の社内実践事例をご紹介しています。

働き方改革は何をもたらすのか?
 働き方改革は働く人の意識を変えた?!今、「働く」ことにどのような変化が起こっているかを考えました。

労働生産性を高める

一人の人間がこなせる仕事の量は決まっているため、より多くの仕事をするためには仕事以外の作業や時間を削減し、効率化することが重要です。


しかしテレワークなど多様な働き方が進むと、対面でのコミュニケーションが十分にはできず新人や部下の指導が行き届かないことも懸念されます。
そういった課題を解消するためにも『情報共有ツール』を導入し、社内コミュニケーションの環境を整えることが重要になってきます。
社内の環境を整えよう!今読みたい『情報共有ツールのススメ』

社内コミュニケーションツール「SONR.」での情報共有

「SONR.」は「もっともシンプルで、もっとも簡単に」をコンセプトに掲げるコミュニケーションツールです。

・中小企業が導入しやすいコスト
・導入の訪問サポートやオンラインサポートなどの支援
・多くの業種での生産性向上と業務効率化の実績
など、ITツールの導入が不安な企業でも安心して導入いただけます。

コストも300名までで月々2万円と、中小企業が導入しやすいプランです。
生産性向上と業務効率化には、『ツールの導入だけでなく、業務のフローや無駄に時間を割いているところの見直し』が必要となります。

SONR.を導入したお客様の事例

美容室 有限会社楽笑様

SONR.導入以前は夜23時ごろに「LINE」で指示連絡をしていたため、四六時中通知が来ることや仕事とプライベートが一緒くたになることへの不満を受けて情報共有ツールとしてSONR.を導入。社員同士で感謝や思いやりを伝え合えるようになり、働きやすさを改善されています。
詳しくはこちら

SONR.を活用した働き方改革の取組事例